ビッグファイブ性格診断 | 【無料公開中】自己分析ツール[BIG5-BASIC]

性格診断テスト Big5-Basic

このエントリーをはてなブックマークに追加


「ビッグファイブ」とは(5つの性格特性)


ビッグファイブ理論 図解


  ビッグファイブ理論の5つの性格特性


【BIG5-BASIC】が採用する「ビッグファイブ理論」とは、心理学における人の性格を究極的に突き詰めると5つの次元に統合されるという理論です。


心理学界では長年様々な性格に対する研究が行われてきましたが、1990年代、アメリカの心理学者でオレゴン大学の名誉教授でもあるルイス・R・ゴールドバーグ博士が提唱した「ビッグファイブ理論」が現在の心理学で最も有力とされています。


性格診断には人の性格をパターン化して把握する「類型論」と、「ビッグファイブ理論」のように性格をいくつかの要素に集約し、その強弱によって人の性格を表現する「特性論」があります。


「ビッグファイブ理論」は性格をパターンで表現しないため、分かりにくい部分があります。しかし、分析方法が言葉の関連性に基づくため、WEB上で質問文から性格を分析する性格診断では最適と言えます。


※ビッグファイブ理論(Big Five Personality)は「主要5因子」「BigFive性格特性」「五因子モデル」または「OCEANモデル」とも呼ばれています。


「ビッグファイブ理論」では心理学的に人の性格を下記の5つの特性に分類します。



 1. 外向性(Extraversion)


心が外向きか内向きかを示します。高い場合は外向的で元気が良く物事に積極的な性格で、低い場合は内向的で物静か、おとなしく無口な性格です。

一般的に外向性が高い人は営業・販売職に、低い人は事務作業が向いていると言われています。


 ※積極的な性格⇔おとなしい性格



 2. 協調性(Agreeableness)


他者に対する接し方を示します。高い場合は他人に対して温かく親切な性格で、低い場合は疑い深く自己中心的な性格です。

一般的に協調性が高い人は介護職など人に接する職業、低い方は他人の感情に左右されにくいため管理職が向いているケースもあります。さらに外向性が高く協調性が低い場合は経営者等に向いている性格と言われています。


 ※他人を思いやる性格⇔自己中心的性格



 3. 誠実性(勤勉性 Conscientiousness)


物事に対する姿勢を示します。高い場合は誠実的で責任感があり物事に熱心に取り組む性格で、低い場合は諦めが早く責任感のない性格です。

一般的に誠実性は高い方が良いとされますが、低い場合でも楽をするという事で物事に柔軟に対応するケースもあります。


 ※誠実で真面目な性格⇔ふざけることの多い性格



 4. 神経症傾向(情動性 Neuroticism)


精神的な安定性を示します。高い場合は劣等感があり、悩みやすく繊細で何事にも神経質に考えがちな性格で、低い場合は心が安定しおだやかな気楽な性格です。

一般的に神経症傾向が高い方は細かいことに気づくことができるため事務的な職業が向いていると言われています。


 ※細かい性格⇔何事も気にならない性格



 5. 開放性(創造性 Openness)


想像力や好奇心の度合いを示します。高い場合は知識欲が強く新しいことに取り組むことが好きな性格で、低い場合は好奇心に乏しく考えるのが苦手な性格です。

一般的に開放性が高い方はクリエイティブな仕事に、低い人はコツコツと地道に行う仕事に向いていると言われています。


 ※クリエイティブな性格⇔保守的な性格



人の性格を究極的に突き詰めると、上記の5つの性格的要素の強弱の傾向で説明できるという理論になります。【BIG5-BASIC】はこの「ビックファイブ理論」をベースに開発された自己診断ツールになります。



【BIG5-BASIC】で分かること


Big5-Basicの診断結果


 51の視点からあなたの性格を客観的に分析します


診断結果は「ビッグファイブ理論」に基づく5つの心理尺度と「テストの信頼性」「ストレス耐性」「ストレス状況」の合計8つの要素からあなたの性格を分析します。8つの要素は51の心理尺度に分かれ、そのすべてに解説文を表示しています。

解説文を読むことで自分の性格を客観的に理解し、現在のストレス状況やストレス耐性も把握することができます。また診断結果からあなたの最も特徴的な性格2つを選び一言で表現します。(合計2601パターン)



 診断に対する「嘘」を見抜きます


最も特徴的な部分として「テストの信頼性」があります。この指数により診断に対して見栄を張って答えたか、あるいは悲観的な気持ちで答えたかを分析します。


見栄を張った傾向が高い方は自分を良く見せようとしているため、診断結果は良い方向へ、自分に劣等感を持ち悲観的に答えた方は悪い方向に結果が出ます。


人によってはすべての評価が低いという非常に辛口な診断結果になることもありますが、「テストの信頼性」の項目をよく読み、考慮した上で結果に向き合ってください。悪い表現が多い場合でも、自分に劣等感を持って診断に向き合っているなどの状態が分かります。


※ただし本質的に見栄を張る性格(営業タイプ)、自分に劣等感を持っている性格(悪い部分を大きく見る=事務作業タイプ)の可能性もあり、その場合は何度診断を受けてもテストの信頼性が低い場合があります。



 ストレスチェックで今の「心の状態」と「ストレス耐性」が分かります


診断を複数回受けるメリットとして現在のストレス状態が確認できます。また、ストレスに対する強さを分析し、ストレスを受けやすい性格かどうかがわかります。あなたの現在のストレス状況が分かります。




 120問の質問から分かる心理尺度


本サイトの活用方法や心理尺度を知りたい方は、【BIG5-BASICとは】をクリックして解説ページをお読みください。



⇒解説ページ【BIG5-BASICとは】




性格診断や心理テストで今最も注目されるビッグファイブ理論


人の性格を分析する性格診断や心理テストとしては「MBTI」や「エニアグラム」、「エゴグラム」が有名です。また転職や就職活動に役立つ有名な自己分析ツールとしては「ストレングスファインダー」があります。

心理学における性格診断の方法として「ビッグファイブ理論」は歴史こそ浅いですが、様々な著名な方から人のパーソナリティを分析する科学的な基準として注目され、最近の主流となってきています。



●  メンタリストDaiGoさんが提唱する「インスタントビッグファイブ」


有名なメンタリスト(心理学に基づく技術を駆使するパフォーマー)であるDaiGoさんが自身のYouTubeチャンネルや動画サービス「Dラボ」等で、人の性格が最も正確にわかる心理学的理論として「ビッグファイブ理論」を紹介し一般に普及することとなりました。

具体的には人の心を読む簡易的な手段として「ビッグファイブ理論」を用いた「インスタントビッグファイブ」を紹介しています。



●  橘玲さんの考える「ビッグファイブ理論」と8つの要素


また経済作家で有名な橘玲さんの著書『スピリチュアルズ 「わたし」の謎』の中で、自分のパーソナリティを構成する重要な要素として「ビッグファイブ理論」を紹介しています。

著書の中では独自の理論として、ビッグファイブの「協調性」を「同調性」と「共感力」に分け、さらに「知能」と「外見」を加えた合計8つの要素で人の性格が分析できるとしています。



●  ケンブリッジ・アナリティカ社の「OCEAN」モデル


「ビックファイブ理論」は5つの因子の頭文字をとった「OCEAN」モデルとも呼ばれています。米大統領選等で有名なケンブリッジ・アナリティカはSNSなどから取得した情報から個人の性格を分析する方法としてこの「OCEAN」モデルを利用していたと言われています。



●  参考文献


『パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる』(2009) Daniel Nettle (原著), 竹内 和世 (翻訳)
『スピリチュアルズ 「わたし」の謎』(2021) 橘 玲 (著)



世界や日本において「ビッグファイブ理論」は性格診断や心理テストの中で最も信頼のおける理論として定着しています。



ビックファイブ理論の応用、ダークトライアドについて

昨今注目を集めている自己愛傾向、マキャベリニアリズム、サイコパシーという社会的によくない性格(総称:ダークトライアド)もビッグファイブの5つの性格傾向で分かるとされています。

本サイトではそれらの指数を計ることはしていませんが、診断結果のグラフ傾向を見ることで把握できますので、一つの参考として下記に解説します。



自己愛傾向(Narcissism)

日本では一般的にナルシストと呼ばれている自己愛やプライドが高く、自分が優れていると思い込むことで他人に対して傲慢な態度をとるような性格のことです。サイコパスとも優位に相関していると言われています。

本サイトのビッグファイブの結果で外向性と創造性が高く、協調性が低いという傾向が極端に出ている場合は「自己愛傾向」が強い性格という可能性があります。



マキャベリニアリズム(Machiavellianism)

大胆、冷淡で、人を操ることで成功を得ようとする性格のことを「マキャベリニアリズム」と言います。

本サイトのビッグファイブの結果で協調性と勤勉性が他と比べて極端に低い傾向が出ている場合はこの性格に当てはまる可能性が高いです。



サイコパシー(Psychopathy)

一般的にサイコパスと言われる性格的な気質で、自分以外の人に対する愛情や思いやりという感情が著しく低く、極めて自己中心的で、道徳的な概念が低く、感情も乏しい性格です。

本サイトのビッグファイブの結果で外向性と創造性が高く、協調性・勤勉性、情動性が低い場合この気質を持っている可能性があります。



以上がビックファイブ理論におけるダークトライアドとの関係になります。本サイトとしてはあまり重要視していませんが、ビッグファイブの性格傾向から分かる一つの特徴として参考にしていただければと思います。





経済産業省が提唱する「社会人基礎力」

2006年から経済産業省が提唱する「社会人基礎力」とは「アクション(前に踏み出す力)」、「シンキング(考え抜く力)」、「チームワーク(チームで働く力)」の3つの能力から構成されています。

またその3つの能力はそれぞれ下記のように12の能力要素に分かれています。



アクション(前に踏み出す力)


≫  主体性

指示をまつのではなく、自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む力


≫  働きかけ力

自ら声を発して周囲に呼びかけ、目標に向かって関係者を動かしていく力


≫  実行力

自ら目標を設定し、失敗を恐れず行動に移し、物事に粘り強く取り組む力



シンキング(考え抜く力)


≫  課題発見力

目標達成に向け、現状を分析し、目的や課題を明らかにする力


≫  計画力

課題解決に向け、複数のプロセスを明確にし、最善のものを検討し、実行に向けて準備する力


≫  創造力

既存の枠・発想にとらわれず、課題に対して新しい解決策を生み出す力



チームワーク(チームで働く力)


≫  発信力

自分の意見を分かり易く整理した上で、相手が理解できるよう的確に伝える力


≫  傾聴力

相手の話しやすい環境をつくり、適切なタイミングで質問をするなど相手の意見を引き出す力


≫  柔軟性

自分の考え方ややり方に固執するのではなく、相手の意見や立場を尊重し、理解する力


≫  状況把握力

グループで仕事をする際に、自分がどのような役割を果たすべきかを理解する力


≫  規律性

状況に応じて、社会や組織のルールに従って、自らの発言や行動を適切に律する力


≫  ストレスコントロール

ストレスを感じることがあっても、成長の機会であるとポジティブに捉えて行動する力



社会人としての期間がこれまで以上に長くなることが予想される中、活躍し続けるために上記の3つの能力・12の能力要素が重要と位置づけられています。


「社会人基礎力」と【BIG5-BASIC】


社会人基礎力の「アクション」は【BIG5-BASIC】で分析する「交流力」、「シンキング」は「想像力」、「チームワーク」は「調和力・ストレス耐性」と近い考えを持っています。また【BIG5-BASIC】の「社会適応力」は社会人基礎力のどの項目にも当てはまる共通の能力になります。

「交流力」「想像力」「調和力・ストレス耐性」、そして「社会適応力」の分析結果を確認し、良い部分は自分の長所、悪い部分は自分の欠点として理解し、社会人基礎力を高めるよう意識することが重要です。

※経済産業省のHP、「社会人基礎力」参照、https://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.html



【BIG5-BASIC】と組み合わせて利用したい、転職・就活に役立つ自己分析ツール


【BIG5-BASIC】をご利用の方々は、自分の性格を仕事でどのように活かせるか、というお悩みをお持ちかと思います。本サイトと違い、転職・就職活動に特化した自己分析を行いたい方へおすすめの適職診断ツールをご紹介いたします。



●  転職のための適職診断ツール



ミイダス株式会社

転職活動をお考えの方は簡単な会員登録が必要にはなりますが【ミイダス】の「市場価値診断」や「コンピテンシー診断」をおすすめします。「BIG5-BASIC」とは違い、市場価値や社会人にとっての必要な資質・適性など、職業特化な診断になります。
 >>「ミイダス」で市場価値診断を受ける




●  就職活動のための適職診断ツール



現在就職活動中や学生の方は下記就活サイトの無料分析ツール(※要会員登録)がおすすめです。就職活動をかねながら自己分析が行えます。【BIG5-BASIC】と組み合わせて利用することで、性格・職業二つの視点で自分の強みを見つけてください。



株式会社i-plug

251問から構成され、経済産業省が推奨する「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を測ることができ、就職活動に役立つ、社会に出た時に活かせる自分の強みを知ることができます。
 >>「OfferBox」で社会人基礎力を計る



株式会社グローアップ

全150問の適性検査を受けることができます。回答から、意欲・価値観の傾向、職務適性等がグラフで可視化されます。診断結果は企業に公開され、自分に合った企業から招待が届きます。
 >>「キミスカ」診断で自分に合った仕事を見つける



パーソルキャリア株式会社

ベネッセの教育ノウハウを活かしたGPSテストを利用した精度の高い適性検査が受けられます。所要時間は10分で、結果はグラフやランク形式で表され、自分が困難に直面したときに取り組む際の姿勢・態度のどこに強みや弱みがあるかが分かります。
 >>「dodaキャンパス」で精度の高いGPSテストを受ける



株式会社キャリアエッセンス

ワークサンプルテストを採用し、デスクワーク形式+対話形式からなるテストから、仕事に直結する6つのスキルを測定します。実践的な実務体験から自分のスキルスコアに基づき企業からオファーが届きます。
 >>「Job-T」で実践的なスキルを計る



個性評価ツール【BIG5-PRO】のご案内


【BIG5-BASIC】はこれまでの実績に基づき、テストの信頼性から自己評価を分析することができる【BIG5-PRO】を開発しています。210問の質問文から、精度の高い分析を行い、診断に対する姿勢が診断結果に反映されるという、今までにはない新しい技術を採用しています。

テストの信頼性が低い場合、テストに対して悲観的に、あるいは見栄を張って回答した傾向が他の尺度にどの程度影響を与えているかを分析し、結果を補正します。テストの信頼性の高低にかかわらず、一回の診断で性格を分析することができます。

個性評価ツールとして個人にも企業にも応用できます。ベータ版にはなりますが、もしご関心のある方は下記問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。


【BIG5-PRO】に関心がある方は下記よりメールアドレスをご記入ください。


お問い合わせはコチラから





このエントリーをはてなブックマークに追加



診断をはじめる(15分)